スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


タイの山岳民族支援ボランティアは、どんな人が参加するんですか?

  「タイの山岳民族支援ボランティアは、どんな人が参加するんですか?」と聞かれることがあります。

春休みと夏休みの時期は、大学生が多いです。
それ以外の時期は、20代〜30代前半の社会人の方が多いです。
50代の方もいました。
男女比は、女性が80%、男性20%くらいです。

NGOには、オーストラリアやイギリス、アメリカ、ドイツ、カナダ、シンガポールなど世界各国から来ているボランティアが20人前後、そして、タイ人のインターン生がいます。

 

参加の目的は、変わったことがしてみたい。仕事や都会生活で疲れたので、リセット・リフレッシュしたい。経験・交流・観光、そして、就活のためなど様々です。


皆さん、電気もガスも水道もない山岳民族の家にホームステイをして、NGOのスタッフや海外から来ているボランティアの方々と一緒にボランティア活動をすることで、自分の中で何かが変わり、新しい発見があるようです。



タイ山岳民族支援ボランティア

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

《人気順位》
1. アメリカ:赤十字 インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体 インターンシップ
3. タイ:山岳民族支 援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボラン ティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキング ホリデー専門サイト

| 1/1PAGES |